私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

AKB48 PV考・「真夏のSounds good!」(1)

f:id:darakarumena:20140426144702j:plain

 発売一週間で161.7万枚を売り上げたという、AKB48の最新シングル「真夏のSounds good!」。今年あたり、そろそろ終わるだろうとささやかれていたAKBブームだが、まだまだ勢いは衰えていないようで、メンバーや裏方たちの膂力には、まったく大したものだと感嘆するほかはない。 

 テレビは嵐とAKBに席巻されていて、時おり眺めているとだんだんAKBを好きになってしまう気もして、もし筆者がいま10代から20歳くらいの年齢だったら夢中になっていたかもしれない、しかしさすがにこの年でAKBファンというのは…と思っていたのだけれども、ついに(?)今回の「真夏のSounds good!」は、DVD入りのシングルを購入してしまった。というのも、今回のPVを樋口真嗣監督が演出しているからなのである(前後の文脈がつながっていない~)。 

 

 AKB48の過去のシングル曲のPVは、『Love Letter』(1995)や『花とアリス』(2004)の岩井俊二、『告白』(2010)の中島哲也、『誰も知らない』(2004)や『空気人形』(2009)の是枝裕和、『ヘルタースケルター』(2012)の蜷川実花、『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998)の本広克行、『トリック』(2000~)や『SPEC』(2010)の堤幸彦、『北の国から』(1981~2002)の杉田成道など、錚々たる映画・テレビ監督が起用されている。この顔ぶれには興味を惹かれ、PVはYoutubeの公式アカウントなどで見ていたが、肝腎の内容以上に気になるのは、誰がこの面々にPVを委託したのかということである。 

 岩井俊二堤幸彦は過去にミュージックビデオを多数演出した実績があるので、起用されるのは十分得心できるものの、賛否分かれた『空気人形』の是枝裕和監督や、およそアイドルと無縁そうなドラマ『北の国から』の演出家・杉田成道にAKBを委ねるというのは、相当異色に思えた。もっとも『空気人形』やドキュメンタリー『しかし 福祉切り捨ての時代に』(1991)などで知られる是枝は、一方でカンヌ国際映画祭にて高い評価を受けた『誰も知らない』も撮っているので、単にそのブランドイメージで選ばれた可能性もある。 

  

 この人選は、やはり秋元康・総合プロデューサーの意向なのだろうか。 

 銭ゲバ作詞家とも揶揄される秋元康だが、実はコアな映画マニアでもある。昨2011年に逝去した森田芳光監督との対談において秋元は、かつて「キネマ旬報」を愛読していて、『田園に死す』(1974)、『青春の殺人者』(1976)などのATG作品が好きだとか、レンタルビデオがない時代に「『あらかじめ失われた恋人たちよ』(1971)の上映を必死に探して観にいった」とか、「『ドライビング・ミス・デイジー』(1989)のような淡々とした」映画を作りたいといったマニアックな話に興じていて、意外な一面を見る思いであった(『森田芳光組』〈キネマ旬報社〉)。この文脈で考えれば、秋元の発案とも思える。 

 ただ、PVの豪華監督陣の面子を見ていると、アート志向の人だけでなくエンタメ派まで加わっているので、単にミーハー的に有名監督を片っ端から並べただけとも考えられるのだが…?

f:id:darakarumena:20140426144447j:plain

 「真夏のSounds good!」PVは、『ローレライ』(2005)や『日本沈没』(2006)の樋口真嗣監督が演出した。樋口監督は、もとはアニメ・特撮畑で、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)の特技監督で知られるようになり、テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(1995)やその劇場版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』(20072009)にもスタッフとして参加(主人公・シンジ君の名は樋口監督からとられたらしい)。『風の谷のナウシカ』(1984)の巨神兵をフィーチャーする新作短編映画の監督も務めるという。過去の監督陣と同様に、AKBと樋口監督とは特に接点もないように思えるけれども、その関係のなさゆえか、今回のPVは過去の作品と同じく(あるいは、それ以上に)監督の趣味嗜好が突出するものとなった。 

 

 先述のとおり名だたる監督・演出家が登板するAKBPVは、短い時間にそれぞれの作風が強引に刻印されたものになっている。岩井俊二の「桜の栞」は淡い青春ドラマ調で『花とアリス』(2004)風、中島哲也Beginner」は情報量の多い人工的な映像(しかも残虐シーン付き)、蜷川実花ヘビーローテーション」は赤を中心に装飾的な画面設計、本広克行Everyday、カチューシャ」は過去のPVの名場面を再現したコラージュ、とそれぞれの監督陣はPVの枠組みの中で、健気に自身の個性を出そうと腐心しているかに思える。というか、AKBの面々を立てつつあなたの個性を出しなさいというオーダーがあるのだろう。(つづく)

真夏のSounds good !【多売特典生写真付き】(Type A)(通常盤)

真夏のSounds good !【多売特典生写真付き】(Type A)(通常盤)

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ