私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

番外・ダメな映画の備忘録

f:id:darakarumena:20140426180638j:plain

 ダメな映画を覚えておく必要などないので、タイトルが形容矛盾である。


 いままで見た映画で、特にいらっときた筆頭5本。見ないほうがいいですよ。

 

◎

『ノストラダムス 戦慄の啓示』(1994

 信者の人さえ見ればいい宗教映画なので、こういうのに怒るのは無粋なんだけど…。幸福の科学に委託された東映が、明らかにやっつけで作った。「このままでは地上は地獄化してしまう」だって。見せられるこっちが地獄だよ。


ノストラダムス 戦慄の啓示 [VHS]

ノストラダムス 戦慄の啓示 [VHS]

 

 

◎『ゴジラvsメカゴジラ』(1993

 安い特撮と学芸会芝居が満載された、からっぽの愚作。ほかにも『ゴジラvsスペースゴジラ』『ゴジラ2000ミレニアム』など、ゴジラシリーズはおそろしいほどつまらない作品が多い。

 

◎『瀬戸内ムーンライトセレナーデ』(1997

 いい原作(阿久悠)を映画化したら、産業廃棄物になってしまった。この監督の作品でろくな映画を見たことがないのだが、なんでこいつ次々撮れるの?


瀬戸内三部作メモリアル DVD-BOX

瀬戸内三部作メモリアル DVD-BOX

 

 

◎『北京原人』(1997

 「おれもウパー!」「私もウパー!」 勝手にやってろよ。『ノストラダムス』と同じく東映作品。
混同されることもある『北京原人の逆襲』(1977)は秀作です。

北京原人 Who are you? [DVD]

北京原人 Who are you? [DVD]

 
北京原人の逆襲 [Blu-ray]

北京原人の逆襲 [Blu-ray]

 

 

◎『デビルマン』(2004)


 これもまた東映

デビルマン [DVD]

デビルマン [DVD]

 

 きりがいいので5本にしたけれども、外したギャグで深刻な寒波をもたらした『スペーストラベラーズ』も入れたかった。


 黒澤明の『まあだだよ』も…。才能の枯渇とは淋しいもの。

 

 外国編もワーストを選ぼうと思っていたが、考えるうちに腹が立ってきたのでやめておきます。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ