読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

哀のうた・『スワロウテイル』

f:id:darakarumena:20150224092236j:plain

止まった手のひら ふるえてるの 躊躇して


 この空の 青の青さに心細くなる」(「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」)

 

 カラオケに行くと、誰からともなく唄われることがある「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」CHARAが、1996年にYEN TOWN BAND名義で発表した曲である。聴く音楽の趣味が異なる者どうしでも、静かに合唱したことが幾度かあるので、少なくとも筆者を含む1980年代前半生まれの人びとには、この曲がささやかな世代体験としてあるのではないだろうか。


 

 この曲は岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』(1996)の主題歌だった。劇中で、CHARA演じるヒロインが曲をヒットさせて、スターの階段を駆けのぼる。YEN TOWN BANDは、そのヒット曲を出したバンド名という設定だった。CHARA のほかに、三上博史江口洋介渡部篤郎山口智子など当時の人気者が顔を揃えた話題作であるけれど、実際の内容は決して万人受けすると思えないほど、作家性が強い。

 


 円がいちばん強かった時代、円都(イェンタウン)と呼ばれる街が広がり、そこにはさまざまな人びとが集っていた。娼婦(CHARA)と、偶然に出会ったみなしごの女の子・アゲハ(伊藤歩)。娼婦の恋人(三上)も加わって、贋札づくりが始まり、娼婦は人気アーティストにのぼりつめる。やがて訪れる挫折…。


「信じるものすべて ポケットにつめこんでから


 夏草揺れる線路を 遠くまで歩いた」
(同上

 

 香港映画『いますぐ抱きしめたい』(1988)などのパクリだ、などとの批判を浴びつつも、『スワロウテイル』は話題になり、主題歌もヒット。宣伝のためのバラエティ番組だけでなくニュースでも岩井監督が取り上げられるなど、ある種の社会現象を巻き起こした。だが15歳未満は鑑賞禁止というR指定で、当時中学生だった筆者は見に行けず、もどかしく感じたものだった。


 晴れて高校生になって(?)、さっそくビデオを借りてきたものの、判りづらいストーリー展開、暗い映像、バッドエンドと、エンターテインメントからほど遠いありさまに、とまどった記憶がある。気晴らしにと思って劇場へ足を運んだカップルなどは、メジャー映画の装いと落差の大きい内実に、何を思っただろう。



 バラード調の「あいのうた」は、暴力シーンの多い映画と不似合いだという声もあるようだが、虚無感に満ちたラストシーンとノスタルジックで優しい曲とがこの上なく合っているように感じて、強い印象を受けた。喪失感を感じさせる歌詞、アンニュイな歌声が、スターの失墜や調子のいい男の哀しき破滅を癒しているように思えたのである。それは作り手の狙った効果ではなかっただろうか。

 


「汚れた世界に 悲しさは響いてない


 どこかに通りすぎてく ただそれを待つだけ」

(同上

 

 歳月は流れ、90年代は失われた10年などと総括されるようになった。


 ひとりよがりなほどに作り手の情念が叩きつけられた異色作『スワロウテイル』は、“失われた”90年代そのままに、映画史の隅に置き去りにされている。カラオケで「あいのうた」を唄う人にも、意外なほどこの映画のことは知られていない。


 けれども「あいのうた」を聴いたり唄ったりする度に、忘れ去られた映画を、不機嫌な時代の風の中にいたことを思い返してしまう(同じ時期にブームになっていた『新世紀エヴァンゲリオン』〈1995〉が映画でリメイクされて話題となっているいま、そろそろ再評価されてしかるべきでは…)。

 

ここから何処へいっても 世界は夜を乗り越えていく


 そしてあいのうたが 心に響きはじめる」(同)

スワロウテイル [Blu-ray]

スワロウテイル [Blu-ray]

 

にほんブログ村 映画ブログへ