読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

ケチャップ!?・『ドラえもんプラス』(1)

藤子不二雄 書籍 批評・感想

f:id:darakarumena:20140427021404j:plain

 故藤子・F・不二雄先生の代表作『ドラえもん』(小学館)は、26年に渡って連載されており、雑誌に載ったまま、単行本に収録されずに埋もれている作品が多々あります。

 昨2005年からスタートした『ドラえもんプラス』(小学館)はそれらを復刻する、筆者のようなドラえもん好きには、嬉しいシリーズ。


 この3月に刊行された第5巻では、「45年後…」(1985)のような心あたたまる佳作が収録されている一方で、怪作「イイナリキャップ」(1973)が読めます。



 ドラえもんが、イイナリキャップというひと組の帽子をを出しました。片方をかぶって命令すると、もう一方をかぶった者はその通りに動き、絶対に逆らえない(絶対に…)。かぶった動物は、人間の言葉を喋れるようにもなるのです。当初は傍若無人なジャイアンに捨てられた飼い犬・ムクを操るために出したのでした。
 

f:id:darakarumena:20140427021420j:plain

 のび太が、キャップをイヌやネコでない動物にかぶせて試したいと思っていたら、空き地でなぜかライオンに遭遇!

 さっそく言うことを聞くほうのキャップをライオンにかぶせます。のび太が調子づいてライオンにレスリングの八百長試合(自分と戦わせ、わざと負けさせる)などをさせていると、はずみでキャップが脱げて、ライオンが命令するほうを、のび太が言うことをきくほうをかぶってしまいました。

 さあ大変!


 ライオンの命令で、のび太は家にライオンをつれていきます。そのさまを見たのび太のママが、


「へんな子ねえ。家におししなんか連れてきて」(え?)
(つづく)

にほんブログ村 本ブログへ