読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

身辺雑記

妄想族日誌(2016年10〜11月)

今年も残りわずか。例年通り、無味乾燥なつまらない1年でした。あとちょっとの時間で逆転できるか? 「♪口にはだせない 恋をしていたね」(「BLUE TEARS」)

妄想族日誌(2016年5月)

「楽しいことがなくても、退屈で、寂しくてしょうがなくても、一日を生きなくちゃいけないと思った」(野沢尚『青い鳥』〈幻冬舎文庫〉)

妄想族日誌(2016年4月)

「不良も優等生も先生も 恋に落ちれば同じよね」(宇多田ヒカル「Kiss & Cry」)

妄想族日誌(2016年3月)

「そうがっかりするなよ これは春一番さ」(手塚治虫「BLACK JACK 1」〈秋田文庫〉)

妄想族日誌(2016年1〜2月)

1月某日 #あけましておめでとうの頭文字でオススメの映画のタイトルいってみようか

年末年始の大計画(ただの寸評)

「年末年始の大計画」はモーニング娘。のユニット・タンポポの曲で、2001年の初冬に発売された(作詞・作曲:つんく)。

妄想族日誌(2015年10〜11月)

10月某日 都内某所を出て、別の某所へ引っ越した。赴任先(大阪)から戻って以来、8年ぶりの引っ越しになる。段ボールが100箱近くなり苦吟(だからどうだという話だが)。

妄想族日誌(2015年8〜9月)

天は私を見放したか。受難の日々…

妄想族日誌(2015年7〜8月)

アツサノナツハオロオロアルキ…

妄想族日誌(2015年5〜6月)

どうして筆者の日常というのは、こうも冴えないのか。

妄想族日誌(2015年4月)

意味深なタイトルをつけてはみたものの、さほど優れた妄想力を持ち合わせているわけでもない。さえない、どうしようもない春の日々…。 4月某日 渋谷の映画館へ行って、火曜サスペンス劇場『死角関係』(1987)を鑑賞。