読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

藤子・F・不二雄作品 実写化のあゆみ(2)

(承前)映画『未来の想い出』(1992)から10年を経た2002年、『キテレツ大百科』の実写ドラマ『キテレツ』と『エスパー魔美』がNHKで相次いで放送された(このあたりになると筆者もリアルタイムで見ており、よく覚えている)。

藤子・F・不二雄作品 実写化のあゆみ(1)

藤子・F・不二雄のマンガ『中年スーパーマン左江内氏』(小学館)が、『スーパーサラリーマン左江内氏』(2017)と題して実写で連続テレビドラマ化される。

小原乃梨子講演会 “声に恋して” レポート(2)

【吹き替えの想い出 (2)】 声優って何でしょうね。いまではなりたいって人もいて、最近伺いましたけど、コミュニケーション学科に声優科ができるそうですね。それほど市民権を得たと。

巨星が墜ちた日 藤子・F・不二雄死去

1996年9月23日。 秋分の日で学校はなく、中学生の筆者は塾の模試をこなして、疲れきって帰宅。その夜には巨匠・大林宣彦監督のテレビ『三毛猫ホームズの推理』があり、録画をセットしようとテレビをつけた。

稲垣高広 × 川口貴弘 × 世田谷ピンポンズ トークショー レポート・『まんが道』(3)

【『まんが道』の人物たち】 『まんが道』には個性的なキャラが多数いるが、高校時代の敵役が武藤。眼鏡をかけてキザな感じで実にむかつく。

稲垣高広 × 川口貴弘 × 世田谷ピンポンズ トークショー レポート・『まんが道』(2)

【『まんが道』とは (2)】 稲垣「ぼくが読み始めたのは、小学校高学年。(主人公・満賀道雄が)まだ高岡に暮らしているあたり、そのへんが印象深くて。進路に迷ったり、自分と重なって感情移入。

稲垣高広 × 川口貴弘 × 世田谷ピンポンズ トークショー レポート・『まんが道』(1)

巨匠・藤子不二雄Aが、人生行路を自伝的に描いた大河マンガ『まんが道』(小学館)。主人公(藤子A ≒ 満賀道雄)が友人(『ドラえもん』などの藤子・F・不二雄 ≒ 才野茂)とコンビを組んでマンガを創作し、新聞社勤めなどを経て富山から上京し、トキワ荘に入…

大山のぶ代の闘病と『ドラえもん』降板・砂川啓介『カミさんはドラえもん』

テレビ『ドラえもん』(1979〜2005)にて、ドラえもんの声を長年演じ、最近は認知症を患っていることを公表している大山のぶ代氏。大山氏は7月に仕事復帰したそうで、病と戦いながらも現役で仕事を続行されているのは喜ばしい。

野沢雅子 × 肝付兼太 × 鈴木伸一 トークショー レポート(2)

(表に出せない発言は割愛しております) 【藤子不二雄の原作アニメ (2)】 藤子原作の『怪物くん』(1981〜1983)では、野沢氏が怪物ランドの王子・怪物くん役、肝付氏がドラキュラ役。

野沢雅子 × 肝付兼太 × 鈴木伸一 トークショー レポート(1)

杉並アニメーションミュージアムにて、声優の野沢雅子・肝付兼太両氏と鈴木伸一館長のトークショーが行われた。

えびはら武司 × 高峰至 × 坂本享哉 トークショー レポート・『藤子スタジオアシスタント日記』(2)

【藤子スタジオの想い出 (2)】 えびはら「ぼくがいたのは、『ジャングル黒べえ』が終わって、『ドラえもん』も終わるかもっていう、藤本(弘)先生の火が消えかけて淋しい時期。安孫子(素雄)先生は劇画のほうへ乗り換えて、手間のかかる絵だから、スタッフ…

えびはら武司 × 高峰至 × 坂本享哉 トークショー レポート・『藤子スタジオアシスタント日記』(1)

故藤子・F・不二雄(藤本弘)、藤子不二雄A(安孫子素雄)の藤子スタジオに在籍し、アシスタントとして藤子・F先生に師事した漫画家・えびはら武司。

たてかべ和也 発言録

テレビ『ドラえもん』(1979〜)やその劇場版にてジャイアン役を26年演じた、たてかべ和也氏。たてかべ氏が逝去して1週間以上が経つけれども、喪失感は消えない。以下はたてかべ氏の発言の中で、引用者の手元にいくつかあるものである。

たてかべ和也 × 肝付兼太 トークショー “ジャイアンとスネ夫のスペシャルナイト”のおもひで・『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』

テレビ『ドラえもん』(1979〜)の声優陣は2005年に一新されたのだけれども、その交代直前に、ジャイアン役のたてかべ和也氏とスネ夫役の肝付兼太氏のトークショー(プラス映画上映)が行われるイベント“ジャイアンとスネ夫のスペシャルナイト”があった。

ドラえもん映画の舞台挨拶・『ドラえもん のび太と翼の勇者たち』

テレビ『ドラえもん』(1979〜2005)の主演声優を長年務めた大山のぶ代氏が、認知症を発症していることが公表された。かつて『ドラえもん』を演じていたことを覚えているのかは不分明で会話すら難しいそうで、ドラえもんマニアである筆者は、じわじわとショ…

えびはら武司 × のむらしんぼ × 三浦みつる トークショー “マチコとエルとハゲ丸が語る漫画の神様たち” レポート(2)

【藤子不二雄A先生について】 浜田「私はA派。自称20歳のときに『まんが道』を読んで感動して、漫画家になろうって思って。私のにはちょっとA先生の絵も入ってて、「ドーン!」も「使っていいですか」って言って、許可もらいました。回を重ねるごとに『笑ウ…

えびはら武司 × のむらしんぼ × 三浦みつる トークショー “マチコとエルとハゲ丸が語る漫画の神様たち” レポート(1)

11月、阿佐ヶ谷にて漫画家のえびはら武司先生を中心にしたトークイベントが開催された。えびはら、のむらしんぼ両先生が故藤子・F・不二雄を語るというイベントが今年4月にあり、今回はその第2弾という位置づけである。 参加者は他に、漫画家の三浦みつる、…

鼎談 藤子不二雄A × 大山のぶ代 × 石ノ森章太郎「ドラえもんは君の愛だった」(1996) (3)

安孫子 あのドラえもんの喋り方になるまで、研究もされたんですか。 大山 いろいろ考えました。当時、ロボットの役をやるときはたいがい、電子音的に「ボ・ク・ハ」みたいに喋っていたんですが、ドラえもんはとても人間チックで全然ロボットっていう感じを受…

鼎談 藤子不二雄A × 大山のぶ代 × 石ノ森章太郎「ドラえもんは君の愛だった」(1996) (2)

安孫子 大山さんは、最初はいつ彼と会ったんですか。 大山 初めてテレビの『ドラえもん』の声を入れたあとです。役者としてはまず「先生、あれでいいんでしょうか」って聞きますよね。実は内心、「あれしかないぞ」と思っていたんです(笑)。そうしたら、「…

鼎談 藤子不二雄A × 大山のぶ代 × 石ノ森章太郎「ドラえもんは君の愛だった」(1996) (1)

以下に引用するのは、『ドラえもん』(小学館)などで知られる天才漫画家藤子・F・不二雄(藤本弘)先生が1996年に逝去された際に月刊誌「婦人公論」にて行われた鼎談で、藤子不二雄A、大山のぶ代、石ノ森章太郎の三氏が参加しておられる(字数の関係上全…

藤子不二雄A インタビュー「藤子不二雄Aが語る私と『ドラえもん』の50年」(1996)

18年前の1996年9月23日に漫画家の藤子・F・不二雄(藤本弘)先生が逝去した直後の、藤子不二雄A先生のインタビューを以下に引用したい(藤子A先生の発言に絞って引用)。 藤子A先生の自伝的な『まんが道』(小学館)を読むと、10代で富山から上京したころに…

藤子不二雄A インタビュー「もう一人の藤子不二雄が明かすドラえもん創作秘話」(1996)(2)

僕らが連載を始めるときは、きちんと設計図を描くのではなく、いつもジャズの即興演奏のようなものでした。『ドラえもん』の場合も、一か月前に雑誌に出した連載開始の予告は、机の引き出しが開いていて、「来月、おもしろいものが飛び出すよ」という程度の…

藤子不二雄A インタビュー「もう一人の藤子不二雄が明かすドラえもん創作秘話」(1996)(1)

9月23日は、藤子・F・不二雄(藤本)先生のご命日である。亡くなられてから、18年の歳月が流れた。以下に引用するのは、藤子・F先生の逝去直後の相棒・藤子不二雄A先生のインタビューである(藤子A先生の発言に絞って引用)。 A先生の『まんが道』(中公文…

えびはら武司 × のむらしんぼ トークショー “マチコ先生とハゲ丸が語るF先生” レポート(2)

【藤子・F先生の人物像 (2)】 藤子スタジオの社員旅行の集合写真が、公開された。大黒柱の藤本弘(藤子・F・不二雄)先生は、なんと端に写っておられる。 のむら「これが当時の写真、えびはら先生がどれだけ偉そうにしてたか(一同笑)。安孫子先生とえび…

えびはら武司 × のむらしんぼ トークショー “マチコ先生とハゲ丸が語るF先生” レポート (1)

『ドラえもん』など多数の作品で知られる不世出の漫画家、藤子・F・不二雄。その藤子・F先生が逝去して、今年で18年である。 5月上旬に、阿佐ヶ谷にて藤子・F先生を語るイベントが催された。“マチコ先生とハゲ丸が語るF先生”と題して、『まいっちんぐマチ…

対談 藤子不二雄A × 石子順(1990)・『少年時代』(5)

漫画も映画も自分の見たいものを作るのが僕の仕事の基本 石子:そうすると、これは映画観客としては子どもから大人までが対象となるわけですね。 藤子:非常に欲ばった言い方ですけど、そう思っています。いま少年時代にある人、あるいは少女時代にある人は…

対談 藤子不二雄A × 石子順(1990)・『少年時代』(4)

時代は戦時中だがもっと普遍的な少年の物語にしたかった 石子:戦争の時代というのは漫画もそうでしたけど、映画でもすごく出ていましたね。靖国神社のところとか、兵隊になって出征していくところ。

対談 藤子不二雄A × 石子順(1990)・『少年時代』(3)

石子:で、評判はどうだったのですか。 藤子:予想どおり、なんの反響もありませんでした。最初は見事なくらい。ふつう連載をはじめたら、かならず面白いとか詰まらないとかいう手紙が来るんですけど、一年間連載していて、ほとんど反応がなかったですね。そ…

対談 藤子不二雄A × 石子順(1990)・『少年時代』(2)

藤子:連載とかは続行したものですから、それが大変でしたね。いろいろな人と会って、映画の打ち合わせをして、戻ってきてパッと机に向かってもすぐ書けないんですよ(笑)。石子さんもおわかりでしょうけど、助走期間というんですかね、書く前になんのかん…

対談 藤子不二雄A × 石子順(1990)・『少年時代』(1)

漫画家の藤子不二雄A先生は、今年3月10日で生誕80周年である。それを記念して、というわけでもないけれど、藤子A先生が登場された対談記事をいくつかアップしてみたい(そんなにたくさん所有しているわけではないが…)。 以下に引用する対談は、A先生が原作…

ドラえもんと久世光彦・「浪曲ドラえもん」

テレビ『寺内貫太郎一家』(1974)などの演出を手がけ、エッセイ・小説などの文筆活動でも知られた故・久世光彦。久世がテレビや舞台などの演出業と執筆とを両輪とするようになったのは1990年前後のようで、書く仕事をしていると、やや飽き気味だったテレビ…

藤子不二雄A インタビュー(1998)・『まんが道』『愛…しりそめし頃に…』(3)

【藤子・F・不二雄とのコンビ解消 (2)】 藤本君はああいう生活ギャグをずっと描いてたけど、僕は傾向が変わってきた。自分で変わったなと思ったのは、『魔太郎がくる!!』っていう作品を描いたとき。あとブラックユーモアの作品を描いたっていうのも転機にな…

藤子不二雄A インタビュー(1998)・『まんが道』『愛…しりそめし頃に…』(2)

【藤子・F・不二雄(藤本弘)との出会いと若き日々 (2)】 僕らのデビューは昭和27年に『小学生毎日新聞』に掲載された『天使の玉ちゃん』っていう作品なんですよ。そのときはまだ学生で、その後僕は富山新聞っていうところに入って、藤本君も会社に入ったん…

藤子不二雄A インタビュー(1998)・『まんが道』『愛…しりそめし頃に…』(1)

藤子不二雄A『愛…しりそめし頃に…』(小学館)は、藤子Aの自伝漫画として長年に渡って描き継がれてきた作品である。前作の『まんが道』(中公文庫)は1970年にスタートしており、『愛…しり』と合わせて43年もの長きに渡って描かれてきたわけだが、遂に2013年…

『ドラえもんは物語る』は物語る・稲垣高広『ドラえもんは物語る 藤子・F・不二雄が創造した世界』

日本人なら誰もが知っている、国民的なキャラクター・ドラえもん。そのドラえもんは、2112年9月3日誕生という設定で、今年2012年に誕生100年前を迎えた。おめでとう! ドラえもんは、アニメやキャラクターグッズ、ブームの現象論のような切り口で話題にのぼ…

藤子不二雄A トークショー レポート・『まんが道』『愛…しりそめし頃に…』(2)

【石ノ森章太郎のお姉さん】 トキワ荘の住人であった石ノ森(石森)章太郎は、早世した姉を慕っていて、石ノ森のエッセイ『トキワ荘の青春 ぼくの漫画修行時代』(講談社文庫)にも、その姉のことが書かれている。『愛…しりそめし頃に…』(小学館)にも姉上…

藤子不二雄A トークショー レポート・『まんが道』『愛…しりそめし頃に…』(1)

最近は『怪物くん』(小学館)のテレビ化・映画化が話題の漫画家・藤子不二雄A氏は、漫画界の最長老(のひとり)の巨匠である。いまも連載を三本も抱えるという現役ぶりで、この3月に最新刊『愛…しりそめし頃に…』第11集(小学館)が発売された。3月30日、…

白と黒の熱情・稲垣高広『藤子不二雄Aファンはここにいる』

藤子不二雄コンビ(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)と言えば、55歳以下の日本人で彼らの作品を見たことも聞いたことも全くないという人はおそらくいないであろう、漫画界の巨匠である。しかし、彼らの作品世界について論じた本は意外なほど少ない。筆者のよ…

時は…・長谷邦夫『漫画に愛を叫んだ男たち』

足かけ50年前、若き漫画家たちが集った豊島区のアパート“トキワ荘”。住まいにしたのは、すでに売れっ子の手塚治虫をはじめ、無名だった藤子・F・不二雄、藤子不二雄A、石ノ森章太郎、赤塚不二夫などの漫画家たち。彼らがブレイクすると、トキワ荘は巨匠を生…

ケチャップ!?・『ドラえもんプラス』(2)

ライオン「おれはひじょうに腹ぺこだ。(…)お前(のび太)、うまそうだなあ」

ケチャップ!?・『ドラえもんプラス』(1)

故藤子・F・不二雄先生の代表作『ドラえもん』(小学館)は、26年に渡って連載されており、雑誌に載ったまま、単行本に収録されずに埋もれている作品が多々あります。