読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

寺田農 × 速水典子 × 志水季里子 トークショー(甦る相米慎二)レポート・『ラブホテル』(3)

(承前) 【撮影現場 (2)】 速水「横からのタクシーのシーンを撮るのに、ドアを外して撮ってるんです。窓を閉める演技をしてるんだけど、ほんとはドアがなかった。あのころはオートロックじゃなくて、手動なんですね。いまは赤電話じゃなくて携帯だし(笑)…

寺田農 × 速水典子 × 志水季里子 トークショー(甦る相米慎二)レポート・『ラブホテル』(2)

【準備段階】 寺田農さんは、『セーラー服と機関銃』(1981)や『ションベンライダー』(1983)などすでに相米作品を経験済みで、台本を見て、自身の役を選んでいたという。それゆえ、助監督だった榎戸耕史監督とは周知の仲。

寺田農 × 速水典子 × 志水季里子 トークショー(甦る相米慎二)レポート・『ラブホテル』(1)

1980年代の日本映画を代表する人物のひとりとして、よく名が挙がるのが、故・相米慎二監督である。『セーラー服と機関銃』(1981)、『魚影の群れ』(1983)、『台風クラブ』(1985)といった作品群において、長回しのつるべうちで独特でアナーキーな世界を…

トークイベント “もっと、岡本喜八を!”(寺田農 × 伊佐山ひろ子 × 岡本みね子 × 岡本真実 × 佐藤闘介 × 佐々木淳)レポート・『肉弾』『ブルークリスマス』(3)

【三船敏郎の想い出】 三船敏郎は、前出の『赤毛』(1969)や『座頭市と用心棒』(1970)のほか、『暗黒街の顔役』(1959)、『暗黒街の対決』(1960)といった岡本作品に主演している。

トークイベント “もっと、岡本喜八を!”(寺田農 × 伊佐山ひろ子 × 岡本みね子 × 岡本真実 × 佐藤闘介 × 佐々木淳)レポート・『肉弾』『ブルークリスマス』(2)

【寺田農氏 (2)】 寺田「岡本作品では、ぼくはほんとに“放し飼い”でしたね。『座頭市と用心棒』(1970)のときは、(座頭市役の)勝新太郎さんが、ぼくの芝居に対して、それは違うだろって言った。当時のぼくは生意気だったから、監督に“勝さんがこう言って…

トークイベント “もっと、岡本喜八を!”(寺田農 × 伊佐山ひろ子 × 岡本みね子 × 岡本真実 × 佐藤闘介 × 佐々木淳)レポート・『肉弾』『ブルークリスマス』(1)

11月28日に新宿ロフトプラスワンにてトークイベント『もっと、岡本喜八を!』が開催された。