読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

大森一樹

金子修介 × 大森一樹 × 富山省吾 トークショー“怪獣からKAIJUへ” レポート (3)

【富山省吾プロデューサー (2)】 富山「ハリウッドの生み出した怪獣が天才ギーガー(H・R・ギーガー)の『エイリアン』(1979)。そのギーガーを映画界に招いたのがホドロフスキー(アレハンドロ・ホドロフスキー)の『DUNE』(未映像化)だったと聞いてびっ…

金子修介 × 大森一樹 × 富山省吾 トークショー“怪獣からKAIJUへ” レポート (2)

【金子修介監督 (2)】 金子「低予算であっても魂を込め、アイドルの美脚を撮るためにも対社会的視点が必要かな(一同笑)。怪獣映画は、怪獣が嘘で他を厳しく選定しないとお客さんは納得しない。そのへんは、大森さんよりぼくのほうが厳しく設定を構築してる…

金子修介 × 大森一樹 × 富山省吾 トークショー“怪獣からKAIJUへ” レポート (1)

『ゴジラ』(1954)から61年。昨2014年にはアメリカのレジェンダリー・ピクチャーズ制作の『GODZILLA ゴジラ』が大ヒット。その人気の余波?か、日本でも久々のシリーズ最新作『シン・ゴジラ』が2016年に公開されることも発表された。

大森一樹監督 × 上田耕一 トークショー レポート・『継承盃』(2)

上田耕一氏はゴジラシリーズの常連で、大森一樹監督の『ゴジラvsビオランテ』(1989)以降は、『ゴジラ FINAL WARS』(2004)まで12作品すべてに出演。

大森一樹監督 × 上田耕一 トークショー レポート・『継承盃』(1)

今年3月に、フィルムセンターにて行われた大森一樹監督のレトロスペクティブでは、『継承盃』(1992)の上映後に大森作品に多数出演した上田耕一氏のトークショーが行われた。

大森一樹監督 トークショー レポート・『オレンジロード急行(エクスプレス)』『ヒポクラテスたち』(2)

今回のレトロスペクティブでは、大森一樹監督の自主映画時代の作品も2本(『ヒロシマから遠く離れて』〈1972〉、『暗くなるまで待てない!』〈1975〉)上映された。

大森一樹監督 トークショー レポート・『オレンジロード急行(エクスプレス)』『ヒポクラテスたち』(1)

今年3月、東京国立近代美術館フィルムセンターにて、大森一樹監督映画のレトロスペクティブが行われた。 大森監督は、高校・大学時代に自主映画を撮り、1978年に『オレンジロード急行(エクスプレス)』にて商業映画の監督としてデビュー。この時代までは、…

大森一樹監督 × 岡田裕P トークショー レポート・『ユー・ガッタ・チャンス』(3)

【俳優陣の想い出 (2)】 その不良監督役で『ユー・ガッタ・チャンス』(1985)に出演した原田芳雄は、前作『すかんぴんウォーク』(1984)でも異なる役柄を演じている。同様に『すかんぴん』『ユー・ガッタ』に、それぞれ異なる(とおぼしき)役で山田辰夫が…

大森一樹監督 × 岡田裕P トークショー レポート・『ユー・ガッタ・チャンス』(2)

【吉川三部作のスタッフ】 岡田「吉川晃司くんは、渡辺晋さんが広島の高校から見つけてきたんです。優秀な水球の選手だから、動いたり泳いだり全部できるって」

大森一樹監督 × 岡田裕P トークショー レポート・『ユー・ガッタ・チャンス』(1)

映画『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』(2010)、『るろうに剣心』(2012)やテレビ『八重の桜』(2013)などで、渋い演技を見せる歌手・吉川晃司。筆者はかつてテレビ『真夜中は別の顔』(2002)などでの俳優としての…