私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

山田太一 トークショー “生きがい探しシンポジウム”(1992)(2)

 生きがいの基準がもしあるとすれば、僕はうんと下げるべきだと思うんです。人間は非常に弱い存在であることもあります。皆さんがこの会の予約をなさって予定通り今日ここに集まってきたなんてことは、奇跡と言えば奇跡なんですね。地震が起こればとんでもないし、自動車にだって、いつ、はねられるかもわからないし、あらゆる障害を克服しながら、ここに集まっているわけですよ(笑)。指先を切っただけでもズキンズキンして、一日どころか何日も気分が悪いということもあるわけで、人間は非常に弱い存在です。

続きを読む

山田太一 トークショー “生きがい探しシンポジウム”(1992)(1)

f:id:namerukarada:20190916021247j:plain
 1992年3月15日、財団法人長寿社会開発センター朝日新聞社の主催で“生きがい探しシンポジウム50歳からの選択”が開催された。

続きを読む

あなたの愛の陽だまりに・『お玉・幸造夫婦です』

f:id:namerukarada:20190817112523j:plain

 元力士で妻を亡くし、いまはちゃんこ鍋の店を経営する主人公(浜田幸一)。七夕の日に彼は、思いを寄せていた指圧師の女性(八千草薫)に結婚を申し込む。主人公の娘たち(秋本奈緒美、近内仁子、小林恵)は再婚に猛反対。指圧師は愛想良く笑顔を浮かべながらも癖のある人物で、さらにはお調子者でうさんくさい息子(本木雅弘)まで現れた。

続きを読む